置き換えダイエットを始めるのにおすすめはありますか?

MENU

有酸素運動や筋力トレーニング

痩せている人であれ太っている人であれ、現在の体重があまり変動していないのであれば、食と代謝のバランスが取れているということになります。したがってもう少し体重を増やしたい、反対に体重を減らしたいと考えるのならば、その均衡状態を意図的に崩していかなければなりません。ダイエットということであれば体重を減らしたいということになるはずですから、代謝によるカロリー消費が食事で得るカロリーを上回る状態にしないといけません。

 

しかし食べ物だけで痩せようとするならば、かなりの空腹感を我慢する必要がでてくるでしょう。また無理に抑制しすぎて健康状態が悪化してしまうという危険性も考えておかなければなりません。

 

そこで最初に考えるべきなのは、食事以外のどのような取り組みを並行して行なうか、でしょう。

 

その答は有酸素運動と筋力トレーニングになります。有酸素運動とは体内の脂肪を燃料として消費する運動です。何も特別なことをする必要はなく、朝食前など、前の食事から時間が最も離れているタイミングで30分程度ウォーキングをするだけで十分な効果があります。

 

食事の直後だと、摂取したカロリーを消費するに留まりますから、効率的には朝食前が最良です。原理としては、身体を動かし始めて20分経過すると体脂肪が溶けて始めて血流に乗って身体を巡り、筋肉に吸収され、そこで酸素と出合って燃焼するというものです。こうして余分な体脂肪を徐々に削いでいくことができます。

 

また筋力トレーニングは、基礎代謝の向上を促しますので、エネルギー代謝効率の良い体質づくりができます。

 

置き換えダイエットとは

さて置き換えダイエットの前に長々と有酸素運動や筋力トレーニングに字数を割きました。その理由は、食事制限だけで体重を減らすのはかなり大変なので、側面からこの取り組みを補強する柱を確保しておいた方が、食事制限そのものに期待し過ぎないようにすること、言い換えれば食事制限の負担を減らすことに繋がるからです。

 

そしてここから置き換えダイエットに話を進めていきます。

 

 

置き換えダイエットというのは普通、1日3回の食事のうちの1回を、普通の食事メニューではなく何か別の低カロリーのものを食べ、空腹を覚えることがないようにしつつ摂取カロリーを減らすという取り組みです。サプリメントのメーカーなどのウェブサイトを見れば、そのための商品を沢山みることができるでしょう。

 

食べやすいように、また毎日続けても飽きないように、味が調整されていて、パッケージもオシャレであり女性好みの商品が多く見つかると思います。カロリーが極端に低いものでお腹を満たすという理屈を考えれば、端的に言えばどれをとっても効果はあると考えられます。

 

ただし問題点もあります。それは毎日続けるにはかなり高価であることです。果たしてずっと続けることができるでしょうか。

 

置き換えダイエットにおすめな食品

おすすめは置き換えに特化した商品ではありません。

 

スーパーの食料品売り場をゆっくりと回ってみましょう。決して特殊ではなく、ほぼいつでも購入でき、比較的安価な食材は、実は色々とあるのです。例えばキノコはどうでしょうか。

 

 

キノコは今日では菌床栽培がなされていますので、値段も安く季節を問わず様々な種類が売られています。そしてキノコはカロリーゼロです。また、コンニャクはどうでしょうか。

 

コンニャクもほぼカロリーゼロです。こうした食材を使って、スープを作ってみるのもおすすめです。スープ本体をカロリー控えめにしないとあまり意味がありませんが、スープを作ってその具材をキノコやコンニャクにすれば、カロリーゼロの一食になります。

 

お腹いっぱい食べてしまっても大丈夫です。

 

置き換えを行なうのならば、1日3食のうち夕食を置き換えるのが良いでしょう。朝と昼はきちんと食事をして栄養を取ります。

 

そして摂取したカロリーは夕方までに代謝するというイメージです。そして1日最後の夕食は、キノコとコンニャクを使ったカロリーゼロベースのスープにする。夕食の後はおおざっぱに言えば寝るだけですから、身体を動かしてカロリーを代謝する機会はほとんどありません。

 

一般的には夕食の量を少なめにするのがダイエットのコツと考えられていますが、キノコやコンニャクはカロリーゼロですので、あえて量を減らす必要も無いのです。スープの味も毎日変えてみるのが良いでしょう。和風・洋風・中華風・エスニック風、という具合に。

 

できれば一味・七味などの唐辛子を添えるとなお良好です。唐辛子由来のカプサイシンは、脂肪を燃焼させる手助けをしてくれるからです。単に食事の時に振りかけるのも良いですし、思い切ってキムチで味付けをしてしまうというのも良いでしょう。こうすれば韓国風味です。

 

さてここまでおおざっぱな話の進め方をしましたが、よりダイエットの精度を高めるには、やはり現在の体重からBMIを計算して、カロリー摂取量を管理するのが良いでしょう。食事を置き換えるというのは確かによいアイディアですが、できるだけ自然に無理の無い方法で行なうのが良いのは言うまでもないからです。

 

目標を設定し、ゆっくりのんびりとそこに到達するように進めるのが、長続きの、そして失敗しないためのコツです。