青汁に使われる植物の成分を比較してみました

MENU

青汁の原材料

ひと昔前、「うーんまずい、もう一杯!」というCMで有名だったケールの青汁。太陽をたっぷり浴びて青々と育ったキャベツの仲間であるケールには、通常の青菜とは段違いの量のビタミン、ミネラル、食物繊維の他、特有の栄養素も多く含まれ、スーパー野菜ともてはやされました。

 

ところが独特の苦みが大変飲みにくく、ひと頃は罰ゲームによく使われていたくらいです。それでも野菜不足を補うのにうってつけの飲み物のため人気は高く、なんとかして飲みやすいものを作れないかと、その後様々な野菜が原料として用いられるようになりました。今では数えきれないくらいの種類が出回っていますが、原材料として使われる植物には、ケール、大麦若葉、明日葉、クマザサ、長命草、藍、よもぎ、いぐさ等があります。

 

 

一種類だけの製品もありますが、これらの植物を組み合わせたものも多いです。
食物繊維、ベータカロテンやビタミンC等のビタミン類、カルシウムや鉄などのミネラルが多いのは、どの植物にも共通しています。食物繊維は第6の栄養素とも呼ばれており、体にとって必要のないものを排出し、糖分の吸収を抑えたり、腸の蠕動運動を助けたりします。

 

ベータカロテンは抗酸化力が強く、免疫力を強化し肌や目、粘膜を健康に保ちます。ビタミンCは免疫力を高め、肌を美しくし、ストレスも和らげます。カルシウムは骨や歯を作る他、ストレスの軽減にも効果的。

 

赤血球を構成し体に酸素を運ぶ鉄は、貧血の予防や疲労回復に役立ちます。その他に、それぞれの植物には成分的な特徴があります。その個性を比較してみましょう。

 

それぞれの特徴の違いとは

ケールには、ルテイン、GABA、スルフォラファン、葉緑素、メラトニン等も含まれています。ルテインは、紫外線やブルーライトによる活性酸素から目を守り、アミノ酸のGABAは平常心を保ち血圧を下げ、スルフォラファンは抗酸化作用が強く解毒酵素を元気にしてくれます。また、葉緑素は腸の繊毛の中まで入り込んで不要物質の排泄に役立つ他、貧血予防、コレステロール値や血圧の安定、ニキビや口臭の予防等、様々な効果を期待されている物質です。

 

メラトニンは睡眠と覚醒のリズムを整え、老化を防ぎ、うつ病にも効果があるとされています。会社でパソコンに毎日向かい、ストレス社会にさらされている人たちにはうってつけでしょう。

 

 

大麦若葉は食物繊維が特に豊富。またSOD酵素を多く含むことでも知られています。SOD酵素とは人間の体内で作られる抗酸化力の強い酵素ですが、加齢とともに産生能力が衰えてきます。活性酸素を強力に除去し、成人病の予防に効果的とされています。便秘気味の人や成人病予防に気を使う人で、飲みやすい青汁を求めている人にぴったりです。

 

 

 

明日葉は生命力の強さで知られる植物。古来より不老長寿の薬とされてきました。
SOD酵素の他、抗酸化力の強いフラボノイドであるカルコンや、抗菌作用や血流改善効果のあるポリフェノールのクマリン、利尿効果のあるルテオリンという成分を含んでいます。またビタミンB群が多く、特に脂肪の代謝や細胞の新陳代謝に欠かせないビタミンB2が豊富です。脂っこい食事の多い人や成長期の子供さん、肌荒れが気になる女性を中心に、広い年齢層におすすめです。

 

 

クマザサは、古くから万病に薬効のある植物として重宝されてきましたが、筋が硬くて野菜として食べるのは無理があります。しかし青汁なら、乾燥させて粉末にするので豊かな栄養素をたっぷり摂ることができます。安息香酸の抗菌効果で胃の中のピロリ菌や黄色ブドウ球菌を減らすとされ、また葉緑素も豊富です。便秘気味の人やニキビが気になる若者にも向いています。

 

桑の葉も昔から生薬として用いられていました。カルシウムや鉄、カロテンが特に豊富で、またアントシアニンやGABAも含まれ、さらにDNJという固有の成分を含んでいます。

 

DNJは腸からの糖分の吸収を遅らせる働きがあり、血糖値の急上昇を防ぐことができます。糖尿病予備軍ではないかと思っている人、貧血が気になる女性等にもうれしいですね。

 

 

長命草は、沖縄で古くから万能薬として用いられていた植物。ポリフェノールが豊富で、その中には毛細血管を強くしビタミンCの吸収をよくするルチンや、脂肪の蓄積を抑制すると言われるクロロゲン酸も含まれています。また長命草特有のイソサミジンには、排尿機能をスムーズにする働きがあり、また血管拡張作用も期待されています。夜中に何度もトイレに行く人や、血管を強くしたい人、美肌やダイエットに気を使う人にもおすすめ。

 

 

藍染めの原料である藍は、薬膳料理の素材でもあります。野菜としての栄養も豊かな上に、ポリフェノールも豊富に含みます。鉄や亜鉛の含有量はケールや明日葉の数倍なので、貧血や抜け毛に悩む人にもよさそうです。

 

 

よもぎは草餅でおなじみの草ですが、沖縄では野菜として広く用いられています。ベータカロテンが特に多く、また葉緑素も豊富です。いぐさも薬草として重宝されてきた植物で、栄養価も高いうえ、食物繊維が特に多く、葉緑素やポリフェノールも豊富です。